アレルギーお勧めの国のフード事故危険なキャットフード

年齢別のキャットフードの方がいいの?

お店にいってみると、キャットフードの種類が多すぎて何をえらんでよいのかわからない。
なんて思ったことありませんか。

猫を飼っている人全てに猫における知識があるわけでもありません。
また、知識があっても我が家の猫はどんな味のキャットフードが好き。
なんて好みまでしっかりと把握できているなんて方は少ないですよね。

しかし、家族の一員でもある猫に安心安全でおいしいキャットフードを食べさせてあげたいといった気持ちはどなたも一緒ではないでしょうか。
バクバクとキャットフードを食べてくれる姿には自然と笑顔がこぼれてしまいますよね。

飼い主さんがきめたキャットフードのみを食べて生きる猫にとってキャットフードにおける栄養がどれだけ大切なものかはわかりますよね。
やはり、飼っている以上は健康で長生きしてくれるようキャットフードにもこだわってあげるようにしましょう。

そんな沢山の種類のあるキャットフードですが、よく見てみると年齢別に分かれているキャットフードを見たことありませんか。
年齢別キャットフードを与えている方も多い方もいらっしゃると思いますが、どういった違いがあるのでしょうか。

年齢別キャットフードは、その年齢に合わせた必要となる栄養バランスを計算し、年齢別に配合してあるキャットフードになります。
猫は大きくわけると成長期、維持期、高齢期にわけられています。

それぞれの栄養バランスにより作られていますが、維持期の猫が高齢期のキャットフードを食べたからといって、著しく栄養バランスが崩れるというわけではありません。
しかし、成長期においては高カロリーになっているものが多いので気をつけましょう。

また、成長にも個人差がありますので7歳になったからといってすぐにキャットフードを切り替えるのではなく、様子をみながら徐々に変えていってあげるようにしましょう。
それは毎日見ている飼い主さんこそがわかる成長かと思いますのでしっかり見てあげましょう。

こちらには年齢別おすすめのドッグフードが紹介されています。
わんちゃんを飼っている方は是非ご覧ください。