アレルギーお勧めの国のフード事故危険なキャットフード

複数飼いで同じキャットフードでは駄目なの?

猫を複数飼いしている方も多いかと思いますが、みなさんご飯の時間ってキャットフードをどうやって与えていますか。
大皿に人数分の餌を乗せ時間を決め与えてる。
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、きちんと平等に食べているかをしっかりと見ながらならばよいかもしれませんが、実際にそこまで監視しながらご飯を与えるのってなかなか難しいですよね。
猫の中でもやはり強い弱いといった力の関係はありますから、食べられない猫もでてきてしまいます。
逆に強い猫は沢山食べることができるので太ってしまうのです。
それに気づかなければ食べられない猫にとっても、また食べすぎている猫にとっても栄養バランスは崩れてしまうので、注意が必要となってきます。

ですから、なるべく複数飼いの場合でもそれぞれの猫のお皿を用意してそれぞれで食べさせるようにしましょう。
慣れてくれば自然と自分の皿と理解してくるかと思いますので、はじめはそれぞれお皿の前に振り分けてあげると食べやすいかもしれません。
そうすることで、太っている猫にはキャットフードを減らしたりなんてこともできますが、そういう場合にはキャットフードが足りずに他の猫の皿に移動し奪ってしまいますので、ライトフードに変えるなどの工夫をしてあ
げましょう。

それぞれのお皿にすることにより子猫や成猫など成長に合わせたキャットフードを与えることができますので、間違っても成猫に子猫キャットフードを与えないように気をつけましょう。
子猫のキャットフードにはこれからの成長に必要であるように、高カロリーになっていますので、なるべく避けるようにしましょう。
一匹だけ多く食べてしまう子のために満腹サポートキャットフードも検討してみてはいかがでしょうか。

子猫が成猫のキャットフードを食べる分には問題はありませんが、高カロリーの子猫用キャットフードをしっかりと食べてもらうためにも部屋をわけてご飯の食べ残しのお皿もすぐに片付けるなどということが大切になって
きますので、複数飼いをこれからはじめようとしている方はぜひ参考にしてみてください。